読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金は何のために

お金は何のために欲しいのか。 健康なお金持ちになりたいという人がいたがお金で何を買うのだろうか。 今のままで充分とは思わないもう少し欲しいと思う気持ち。 今の私の収入は決して多くはないがどのくらいギリギリだろうか。 ずっと赤字のはずなんだがそ…

花女

目の前の女性の長い髪を結った鬂のところに小さな綿の毛がついている。 綿の付いた種のこと。 これが 芽が出て花が咲くさまを思い描く。 ちょっとコワイけれどひゅるひゅると伸びて髪に絡みつきそのうちに無数の小さな花が咲いている。 女性は微笑みでその草…

紅茶がそんなに好きなのか

紅茶屋をやりたいということは紅茶がそんなに好きなのか。そう問われると、実はしどろもどろになってしまう。 好きか嫌いかというと好きである。 しかしアールグレイの紅茶はあんまり好きじゃなくなった。フレイバーティーも。 もっと面白いお茶があるんだも…

斜め45度を見上げて

少し前だけどちょっとある人に相談をした。お店ののこといろいろ。ヴィジョンを、と言う。好きなことを描きなさいと。テラスがあって緑が見えて小鳥が来て薔薇が咲いている、夕陽が暮れるのを見られてね。部屋の中は大きなテーブルがひとつ、刺繍や編み物の…

小さいお店

小さいお店をやりたいと思ってる。歩みはゆっくり。地元密着型、小商いだ。今いる場所は大きなお店、東京の真ん中。毎日フルスピードで駆け抜けてるイメージ、実際はそうでもないけど。仲間も多い。敵?も多い。今は今の幸せだし大切な場所なんだが、もう卒…

ニュームーンのカード

今朝のカードはニュームーン。昨日は満月に向かう半月。なにか約束をしろとカードは言う、満ちつつある半月もきっとそう言っている。このところこれからどうするのだというのを皆に言い回るのを常とすることにしている。そして新しい旅立ちを考える友にはな…

ヴァレンタインに

週末に会う年若き友人にプレゼントを買う。迷った結果、marks and web のボディローション。ローズマリーとラベンダーなんていい組み合わせじゃない?さっと香りも飛んで行って、塗った時だけ少し、香る。山のおとこ。ガイドなどをやっている素敵なおにいさ…

よそのおばちゃんの必要性

決して卑下しておばちゃんと言っているのではないと最初に言っておく。しかしそのくらいの微妙なお年頃、ということだ。職場でもそして休日のフトしたときに、よそのおばちゃんが必要だと考える。職場では私はそんな役目をしている、と思う、誇りを持って。…

自分だけの場所じゃないところ

なぜこうも店をやりたい、というのにこだわっているのか。スペースみたいなことをずっとずっと考えてるのか。自分の家でやってみる、ということを言われるけれどやっぱりちょっと違う。寝床以外の場所が必要だと思ってる。いろいろ変化するところ。アトリエ…

オーガニックとか

ほんの少しだけ気になる食材、オーガニック。買うのはまだ少しだけ抵抗がある、値段が高いってことも、そんなのは大した問題じゃないんでしょうけど。健康のためなら。財布が少し気になる、どんどん使えない。でもそこらへんに売っているものはそんなにアレ…

100万円あったなら

ある日職場の若いのと100万円あったらどうするか?ということを考えあった。稼ぐのは簡単じゃあないけれど案外すぐになくなっちまうんだ、ということを。友達とディズニーランドとかへ行って過ごすのだ、と友は言った。私は、どうするか?航空券を買ってフラ…

庭があったなら

もし私の家に庭があったなら、果樹をたくさん植えたい。蜜柑、梅、柿、無花果、この四つは絶対欲しい、蜜柑は出来れば夏みかん、柚子、普通の子みかんと三種類。花の時期は香りで満たされ実が付くころはなんだか楽しい見かけでそして美味しく楽しむ。梅は薬…

無人島になにかひとつ

先日、仕事仲間に無人島に何かひとつ持って行くとしたら、と問われた。彼女は水だと言った。水が大好き、水が全てと。でも私は言わなかった、お水は飲んだり使ったりしたらなくなっちゃうよ、と。なくなったら帰るつもり、かもね。おーけー。私は少し考えた…