読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高尾山 裏高尾から。

9時12分小仏発のバスは満員だった。紅葉シーズンだもの。

小仏からゆっくり歩きはじめる。
ゆっくり歩くのが最近の私の流行りだ。汗をかかずに登る、という記事を何年か前に見てから気になっていた。というわけもあるし初心者二人を連れていたのもある。

私にとって初心者をいかに山に引き入れるか、というのは楽しみなミッションである。都心からこんなに近くて素敵なところがあるのよという紹介とナイスミドルの運動について、と。

まあまあそんな感じでゆっくりと歩き茶屋へ着く。なめこ汁が楽しみな3人であったのに!なんと茶屋はお休み。しかし気を取り直してお昼ご飯にする。おにぎり、おにぎらず、ウインナー、浅漬け、みかんなどなど、、、
途中太陽が燦々と差してきて、陽だまりとなりなんとなくゆっくりしてしまう。
陽だまり、ほっこりスペースがいい感じである。

この後歩く途中もほっこりスペースがあるとなんとなく立ち止まってしまったりベンチがあると座ったりしてしまう3人。紅葉写真なども楽しんだ。
高尾山山頂へ着くもやはりほっこりスペースをさっさと発見して、お茶とおやつ。ゆっくりほっこりしたら、歩き出してみる。終点は髙橋屋さんのお蕎麦、そして新しく出来た温泉、極楽湯。

3時を過ぎると一気に太陽の光は緩やかになり日影を歩くと少し寒くなる。途中薬王院を通ったのでお参りしつつ、もうゆっくりしたからケーブル乗っちゃおか、という訳でケーブルでギュッと下りました。

髙橋屋では天ぷらざる蕎麦、柿の天ぷらもついてるよ、と聞いたので初体験。
そして新しい極楽湯は時間制限もなくゆっくり入って1000円。
実はここで9時半頃までだらだらとお風呂もだけどおしゃべりしていた。
なんだか登山っていうか、、、という感じだけれど、いいじゃん!

山で過ごす一日、気に入ってもらえたと思うんだ、ゆっくり歩けば楽しいんだもん。
またね。