読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たいよう

冬の朝陽は東の窓から入ってくる。

朝目覚めて少しだけ赤くなっているのを見て微笑む。今日もよろしくと軽くあいさつをして起き上がる。まだ太陽は隣のマンションから見えないところ、少しだけ支度をしていると、どーんと見えてくる。冬のおひさまは柔らかい。ベランダへ出て見てみたり。

お月さまの事を思う。
いつだって丸いはずなのに私たちから丸く見える時だけありがたく拝む。柔らかい丸い光が優しく見えるからお月さまがみんな好きなの、でも向こう側にはおひさまが照らしているの。
地球が影になって形が変わる、そしてその丸くなったりいなくなったり、でお願いごとをしたりする、というのは不思議な気もするけれど、それに私も少し乗っかっている。

ひかりとかげ。
光があるからこそ。
たいようさん、今日もありがとうございます。明るく見守っていてね。


広告を非表示にする