読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある晩会った一人の女性

ある晩会った一人の女性。

音楽を楽しむ場所で
私は少し離れた所から彼女を見ていた、

せわしなく何かをずっと食べ続け、机の真ん中にゴミを放り投げる。
席を外したと思ったらコンビニでスパゲティを買ってきた、が、お姉さんがあっためすぎたのだ、と、団子になったスパゲティを食べていた。
そしてそれを終わるとポイと真ん中に放り投げた。

電車で目の前に座ってる女性、
携帯ゲームでせわしなく指を動かす、
きちんと閉じられた彼女の膝のストッキングから透けて青アザが見える、少し破れてる。

なんとなくこわくて少し寂しい気持ち。

息を吐いて、吸って、と言いたい。
そんなことは大きなお世話だとわかってはいるけれど。

私にもそういう瞬間はあるのかな、無意識にばばーっと動かされてる。

ゆっくり生きていきたいな。