読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リプトン青缶

堀江敏樹さんの本を読んでいたら、ベースはリプトン青缶というので、早速買って試してみた。

グリニッシュ。私の好みからすると。しかし緑茶と思えばいいんだな。
ちょっと時間を置きすぎてしまったかも、とも思う。洗濯をしかけてしまったから。そして、いつもニ煎は出すのでやってみようかと思う。堀江さんはきっと、ナヌー、とおっしゃるかと思うが。しかし自分スタイルで飲むのが大切。

私のベースはトワイニングスのオレンジペコーだと思う。随分前にカフェを任されていた頃、これだった。文句なしに大好きだ。常備はしていないけど別にいい。そして同じくトワイニングスのプリンスオブウェールズが好きだ。中国茶よりの味。嫌いであるはずがないと思う。

さて、二煎目、茶葉の状態から察してダメかなと思ったがやはり駄目であった。でも、嫌な味は出ていない。

そうだ、コーヒーと紅茶の優劣(?)で紅茶が絶対勝ちのところをさっき思いついた!私はコーヒーだって楽しむ事ができる。コーヒーは冷えたら雑味、不味さのところが際立つと感じる。しかし紅茶はそんなことは決してない。冷めても冷めたなりの美味しさで、、というか少し冷めた方が味としては良いと思える。
猫舌の私は熱々のコーヒーを飲むことができない、が、そこからが美味しいところは足が早いのでゆっくりと楽しめないのだな。
異論を唱えるかたもいらっしゃるかもしれないが、多分間違いではなさそうに思う。

青缶から外れたけれど満足。青缶、どんどん飲まなければ。

f:id:mellifluous:20160124114322j:image



広告を非表示にする