読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛を持って

不思議なことである。

満員電車の中、降りるときは、必ず声をかけている。
しかし以前は小さな怒りを持って、すみません降ります、と言っていた。動いてくれる人、全く動かない人がいたが常にスムーズということはなかった。

が、最近そういう気分は捨てて、ごめんよ通してね、と心から思い、優しく以前の半分以下の声の大きさで、すみませんが、というと、見事に道ができるのだ。
それは満員電車ゆえ細い道ではあるけれど、さっと通れる道ができるのだ。

小さなことだが、もしかしたら生きるというのはこういうことなのかもと思っているのである。

愛を持って、行こう。
広告を非表示にする