読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやきというもの

日常 食べ物
おやきというものがほんの少し苦手だと思っていた。あの、ぱさぱさ焼きまんじゅうの惣菜あん。

ところが今回の長野旅行、北飯山のおやきやさんでいくつか買って食べてみた。これはおやきではないのではなかろうか、焼いてないし。と思いつつも食べると皮はモチモチだ。甘いの二つと野沢菜を。昨日と今日の朝ごはんに、昨日はグリルで焼きなおし、今日はふとフライパンで焼いてみるかと焼き直す。
今日のほうがおやきらしいね。焼いたカリカリとモチモチが合わさって超美味でありました。
こんな餃子、あるよね。
いずれ作ってみたい。

おやきというものがこんなに美味しいものだったとは!万歳、日本のオヤツ。


広告を非表示にする