読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国紀行2016 5日目

朝のお散歩は気持ち良い。
お城は山の高い所にあるのでその周りとすると下ったり登ったり。特に何もない。人の家が少しと羊の牧場、丘波(なんて言葉はないがこう呼びたくなる場所)時々人、車。
観光客でぶらぶらしてる身でアレだが観光客だらけでない景色というのはやっぱり落ち着く。生活の一部になってる感じか。
f:id:mellifluous:20160405093205j:image

1時間ほど歩いて朝ご飯。
同じ部屋のナデージュを見かけたので一緒に食べる。フルイングリッシュブレックファースト、というのでお兄さんが何にする?と聞きに来る。
ベジタリアンソーセージってのが気になったのでそれを。それは小さなコロッケ出会った。グリンピースが入っていたかな。
ナデージュは色々話した、面白い女性だった。小学校の先生だったかな。政治のこと、子供の制服のこと、フランスのこと、旅のこと、、ここでもまあ思ってる事の半分も言えないが連れがいろいろ話してくれたおかげでやっとこ聞き取り楽しい朝食だった。

お城ともお別れ、aveburyのストーンサークルに寄ってロンドンへ。
ストーンサークルは行ってよかった。自然の広い場所、ここも勿論観光地ではありますが人がほとんど気にならない。
春分の日、この日は誕生日である。が私だけでなく地球的にスペシャルデーなのでここを訪れることにした。が特にそういう感が強いわけでもないんだけれど。
歩いているとお兄さんにハローと挨拶をしたついでなそんな話をしハグをしてくれた。
ストーンサークルはのんびりした感じでとても気に入った。写真もいっぱい撮ってしまった。
f:id:mellifluous:20160405095632j:imagef:id:mellifluous:20160405095648j:imagef:id:mellifluous:20160405095753j:image
そしてお茶を飲みたかったがレンタカーを返さなくてはならないので、と、スコーンとフラップジャックだけ買って先を急ぐことにした。
無事にレンタカーを時間通り、ガソリンも満タン近くで返し、ヒースローから戻る。お腹も空いた、ちょっと疲れたね。
ヒースローでカフェがあればと思っていたがすぐに地下鉄へ入ってしまいロンドンシティターミナルのようなカフェがなく食べそびれる。が、スコーンとフラップジャックがカバンの中にある、みかんも。で、簡単にその辺のベンチで食べた。

ヒースローから宿に戻る、馴染みのブリクストンへ、お腹が空いたのでフィッシュアンドチップスを半分こ。宿主ドロシーに電話したが繋がらないのでケーキも食べる、だってお誕生日だもん。
フィッシュアンドチップスはお魚半身のフライ(とポテト)。デッカい。これを一人前として食べるのはやっぱり大きくなるよねぇー、と思った。
f:id:mellifluous:20160405101427j:imagef:id:mellifluous:20160405101445j:imagef:id:mellifluous:20160405101618j:image

宿に戻り、お土産をとスーパーに買い物に行く。一旦戻りお腹は一杯だけれどもパブで軽く飲もう、とパブへ。ハーフパイントのギネスとアップルサイダー。騒がしいが何故かとても落ち着く心地よさ。ロンドン最後の夜を楽しむ。f:id:mellifluous:20160405101408j:image







広告を非表示にする