読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人混みの骨董市

骨董市、
ずいぶんな人混みだ。

なにかピンと来るものがあったら、と思ったけれどやはりたくさんの人にやられてどうにもならず。
帰り際に北欧の端切れを二つ、買った。一つはフランス、と言っていたっけ。
そのお店は静かであった。時々布をひっくり返してみる人はいたけれど。

骨董市、楽しいけれど余り市民権のあるものでなくともいい。
古道具たちも少し疲れてみえた。

でもたくさんの人が楽しんでいるのは、よいね!

半分のお月さまも微笑みながら沈んでいく。

広告を非表示にする