読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほたるをみる

日常

6月の晩のお楽しみ、

ほたるを見に近くの緑地へ出かけた。

 

十六夜ゆえ空は明るい。

少し近所のライトが漏れてきて時々勘違いをしてしまうのだけど、いる。

 

ふわりと飛んでいる。

その浮かぶ様にこころをのせるとなんと心地よいのか。

 

すごくたくさん、ということはなかったけれどいつもは5分ほどで通り抜けられる場所をゆっくり1時間弱かけて歩く。

静かに舞う姿はこちらの心まで静かにしてくれる。

 

暗闇のなかのあかりを追いかけるともなく追い見守る。

真夏の始まりの優しい夜のひととき。

広告を非表示にする