読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不正

友の不正を知らされる。

 

さて、不正というのは実はわたしも経験のあることだ。

ごまかすのは良くないしそれが続くことを考えるといつか弾糾されるべき、なのかもしらん。

しかしそれで辞職させられる事を知ると何とかならぬかと思う。

 

美術館へ足繁く通ったあの人もそうすべきか(辞職させぬということ)というと悩ましいけれど。彼と直接関係ない町に住んではいるけど。

 

友は一人で慎ましく暮らす。

(私だってそうだ。)

 

正しさ、ということについて考える。

時についてと。

お給料の少なさ?多さ?充分さ、と。

老後の不安?と。

 

この辺りは本当にわれわれの持つ大きな悩みなんだろう、そしてそれ故の些事か。

いかに解き放てるのか。

 

苦しいな。

 

 

 

広告を非表示にする